2019年04月20日

こっち向いて、フク。

!!注意!!
記事の最後のほう、ちょっと管理人の重い話になります。
他人のそんなのお断り!って方は、5枚続く画像だけ見るか、このままお引き取りください。
よろしくお願いします。

うちのフクは写真が嫌い。
可愛い格好をしているからって慌ててカメラを向けると、すぐにポーズを変えたり視線を逸らしたりします。

階段で座ってるとき、ちょっと可愛かったので写真を撮ろうとしたところ、視線を逸らす。
201903301238000.jpg
逸らす。
201903301238001.jpg
逸らす。
201903301238003.jpg
逸らす。
201903301238002.jpg
やっと!!!
201903301239000.jpg
やーっとこっちを見てくれた状態がこれです。

これは3月末に撮った写真。
この顔のフクを最後に撮った写真になります。

1月の半ば頃、フクの左目の異変に気付き、獣医さんに連れていきました。
ビー玉みたいな目のところに、ほくろみたいな黒い点があったんですね。ネットで調べてメラノーマだったらどうしようとドキドキして慌てて連れていった結果、「メラノーマではないけど、ヘルペスか何かが原因で壊死してます」。
もう字面が怖い。
しばらく様子見だったんです。3月半ばに連れて行ったときには、特に変化なしだったので油断してたのかもしれないです。
4月半ば頃にまたへんな感じに気づいて、獣医さんに行ったところ、「穴が開いてる」。
…穴。壊死してたところに穴が。
即日、入院、手術。
猫って、目頭の部分の膜みたいなのが伸びるんですって。
穴の開いてる周囲を削って、その膜をびよーんと伸ばして覆うっていう手術を、先生がしてくれました。
管理人、猫飼ったの初めてで、こんな病気があるなんて勉強不足で知らなくて、手術もあれよあれよで、翌日迎えに行ったら、目はやっぱり元通りというわけにはいきませんでした。
膜で覆っているので、乳白色?ちょっと血管走ってるような目に。
ごめんね、フク。
もっと早く気が付いてあげるべきだった。
後悔してもしきれない状況で、管理人、かなり凹んでいるところです。
なので、この画像も見てると泣きそうなんですけど、フクが一番不満を抱えていると思うので、本当に大事にしようと思います。

暗い話で失礼しました。

もう少しフクが元気になったら、また可愛い写真が撮れるかな。

スポンサーリンク



posted by 文月 at 07:00 | Comment(0) | フクの事。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。